「葬式お坊さん」という言葉も「葬儀・法事だけをするお坊さん」を嘲笑した言い方だけでなく「葬儀に関わるから穢れている」という訳合をもつ時もある…。

お葬式はお寺の坊主によって授戒(仏門に入る人に戒律を授けること)と引導(故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を彼岸に導く)を行う儀式で、一般的には親類が参加していました。
自宅で内輪だけの法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)をされる場合戒名ではなく故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】のお名前が心に残るとしたらそれはそれとして問題ないのでは、無いのではないかと思います。
気持ちの良い葬儀とはお見送りだけに専念できる葬儀のことで躊躇うことなく無事に葬式を完了することができ、後悔なくさよなら出来ることが、良い葬儀だと言えるんじゃないでしょうか。
後飾りは葬儀が終了して葬儀の祭壇を片付けた後に遺影・遺骨・ご位牌とかを四十九日の法事まで自宅に安置しているための祭壇です。
多くの遺族はお葬式を行った事例がないのでいったいどれ位のお金が必要?業者の前に相場を知っておきたい、と不安に感じているようです。

ご自身の葬儀や葬送の段取りについて生前から決めておく事を望む方家族と相談したりエンディングノートに書く風潮も起きています。
昨今はお通夜・告別式を実行しない直接火葬場で故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を納骨を執り行う『直葬』を執り行う親族が増加しています。
「葬式お坊さん」という言葉も「葬儀・法事だけをするお坊さん」を嘲笑した言い方だけでなく「葬儀に関わるから穢れている」という訳合をもつ時もある。
お葬式や法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)などでお礼を渡すことが布施の包み方や表書きの書く手順などしきたりはありますか?
当事者・家族・仕事先ご近所づきあい・ご友人・趣味の範囲を詳細に調べ適したアドバイスと、最も適した家族葬を、ご提案いたします。

葬儀にこだわりなんてと意外だと感じるかもしれませんが葬儀を想像するにあたりどこにポイントを置くべきか、という問題です。
今どき先生などは葬儀式や法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)で読経する人という感じが強いですが、昔から宗教者とはお釈迦様の言い伝えや、仏教などを正確にわかるように、伝達するのが職責なのです。
地域密着が伝統的というフューネラル会社が多いですがこの数年では花の祭壇がお勧めの葬儀社など、持ち味をいかした、葬儀会社もいます。
この仏事は会場の手配や位牌の手筈など事前準備をしておくことが多いので、(いつまでに何をするべきか)きっちりと飲み込んでおく必須でしょう。
または予想外のケースは事前に打ち合わせを、していた葬儀屋に葬式を託すことが出来てしまうので、予定通りと感じた時も徐々に処する事ができると思います。

葬儀 お墓